偽美白化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウムによる老化促進の危険性や逆効果となる敏感肌・乾燥肌対策

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合美白化粧品による偽美白ケアの危険性や、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や非効率的な乾燥肌対策について、情報発信致します。

志村けんさんの持病を隠し新型コロナの危険性を煽る?

 カテゴリ7(その他 新型肺炎対策)

この記事は、最下部に表示されている文責者である弊社公式サイト内「新型コロナウィルス・新型肺炎対策のまとめ 第1部」のうちの、一部の分割記事となります。

全文をご覧になりたい場合は、上のリンクをクリック下さい。 

前回の記事よりの続き) 

志村けんさんは高度成長期に突如として現れた、昭和後期からの偉大な大スターです。

ドリフターズに途中から参画し、あっという間にトップメンバーに上り詰めました。

だから志村さんの入院から早すぎる死にショックを受けた、昭和生まれの方は少なくないでしょう。 

今回の志村さんがお亡くなりなられるまでのことを、2020年4月2日付けマイクロソフト記事(女性セブン(小学館系列)2020年4月16日号よりの出典)は下記のように報じています。。。

「重症化のスピードが異様に速く、たった数時間で、それまで話ができていた患者が、どんどん酸素が足りなくなり、「人工呼吸器」が必要だと思ったら、すでに「人工心肺装置」をつけないと助からない状況に陥っている。それが目の前で一気に起こるので、ものすごく怖い──。そう語ったのは、感染者の治療に最前線で当たっている国際感染症センターの大曲貴夫センター長だ(3月25日の都庁会見)      

本来であればこの記事には、大曲貴夫センター長さんの発言内容は必要はありません。

すなわち、明らかに意図的に、志村けんさんがお亡くなりになるまでの状況とを結び付けてけています。。。

まるで持病/基礎疾患がない志村けんさんが、あっという間にお亡くなりになられたという表現です。

また2020年3月30日10時13分付け日刊スポーツニュース(朝日新聞系列)では、「志村けんさん死去 コロナ肺炎 70歳 持病なし」と報道されました。

しかし実際には志村けんさんは肝臓障害等の、さまざまな疾病でお悩みでした。

主原因は過度な飲酒を伴う夜遊びとされています。

その証拠となるのは2018年10月16日付けの琉球新報の記事です。

すでに志村さんは肝臓障害を患っておられ、医師からの禁酒の指導を受けていました。

掲載されている志村さんの表情をご覧になれば、すでにやつれ切った表情です。 

またスポーツニッポン(毎日新聞系列)3月26日5時58分付けの記事では、「志村けん「重症化」の背景 休肝日なく朝まで酒を飲んで仕事 4年前禁煙するまで1日60本以上のタバコ」と題され、志村さんの度を越した夜遊び好きが紹介されています。

もうおわかりのように、マスコミにおける意図的な情報操作が始まっています。

最初の2つの記事だけを読めば、新型コロナウィルスは健康体でも一気に身体を蝕むような、逃げ場のない恐ろしいウィルスと聞こえます。

この後小池百合子東京都知事は、「最後に悲しみとコロナウイルスの危険性をしっかり届けてくれた。」とインタビューに答え、一気に国民の恐怖心はピークに達したようです。

しかし後の2つの記事を読めば、新型コロナウィルスに対する恐怖心よりも、だれも志村さんの無茶な行動を制止することができなかったのだろうかといった、非常に残念な気持ちになってきます。

また小池百合子都知事の「悲しみ」については異論はありませんが、「コロナウィルの危険性」は誤りでしょう。

「お医者さんのいいつけをまもるべきだった。」「睡眠はやはり健康に必要」となるべきはずです。 

このようなフェイクニュースやデマを流して必要以上の恐怖をあおれば、当然ながら誤った世論の形成につながります。

人の死について偽りを書いてまでも政争の具として利用すること自体が、「不謹慎」ではないでしょうか。

志村けんさんのご冥福を、心よりお祈りしたいと思います。

もうひとつ大事な点は、朝日新聞社の子会社(スポーツ新聞社)がデマを流布している点です。

当たり前のことですが、子会社の日刊スポーツ社は親会社である朝日新聞社の意向に従います。

戦前・戦中にあれだけの大罪を犯した朝日新聞は、まったく反省していません。

発行部数を増やして荒稼ぎをするために、国民の戦意を煽るような好戦的な内容を新聞に書きまくりました。

その結果国民の戦意高揚が頂点に達し、日本の当時の指導者が押し切られてしまいました。

そして開戦後は当時の政府と結託してフェイクニュースを流しまくり、多くの国民や世界の人々の尊い命を奪ったわけです。。

敗戦後の極東国際軍事裁判では当時の主だった指導者が絞首刑に処せられたが、本来であれば朝日新聞社が真っ先に処分を受けるべきとの意見も多かったようです。

またもや同じ過ちを犯している。不謹慎どころのお話ではないでしょう。

憲法には第21条の「知る権利」として保証されているだけで明確に規定されていないものの、報道機関/マスコミは立法・司法・行政の三権に次ぐ第4の権力として、国民の安全と健全な国家の存続に不可欠とされています。

女性セブンのような低俗な雑誌は別として、大手新聞社が第二次大戦以来このようなデマを流すような状況は、あきらかに正常とはいえません。

世の中がおかしくなりつつあるので、流されないように情報選択には充分気を付けるべきでしょう。

なおこのデマがきっかけとなり、ヘイトスピーチ/ヘイトクライムはるかにとおりこして、「中国人皆殺し」といった殺人教唆までに発展しています。(続きの記事へ)  

 

ココログ内の関連分割記事

 

  

f:id:algai:20191214233647j:plain

 

 

 

f:id:algai:20191214233908j:plain

 

 

www.alga.jp