偽美白化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウムによる老化促進の危険性や逆効果となる敏感肌・乾燥肌対策

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合美白化粧品による偽美白ケアの危険性や、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や非効率的な乾燥肌対策について、情報発信致します。

オーガニックコスメ/化粧品 農薬不検出なら敏感肌に安全?

カテゴリ2(誤った乾燥肌対策)

この記事は、最下部に表示されている文責者である、弊社公式サイト内の記事の縮小版となります。詳細情報をご覧になりたい場合は、上記リンクをクリックして下さい。

農薬不使用で化学肥料ではなく堆肥で育てられたオーガニック農産物のほうが、人体に安全で栄養も豊富であることは、まず間違いのないことです。

それと同様に、オーガニック化粧品であれば敏感肌にも安全だとお考えの方は、少なくありません。

しかしそれは、まったく誤った敏感肌対策です。。。

大半の植物は固有のアレルゲン(アレルギー物質)を含有していて、いくら愛情深く育てても、その毒物は消えません。

食品として摂取した場合は、消化器官はある程度毒物を排出することができます。

しかし経皮摂取された場合は血管に入り込み、全身へと運ばれます。

いわゆる経皮感作とよばれる、アレルギー発症のメカニズムです。

オーガニックコスメを使用し始めて1~2カ月後に肌荒れが生じ始めたら、それはアレルギー性接触皮膚炎の疑いが濃厚です。

軽症に抑えるためにも、すぐにご使用を中止しましょう。 

この記事が皆様の、快適で安全なコスメライフの、ご参考になれば幸甚です。

 

ココログの関連記事

アメブロの関連記事

 

 

f:id:algai:20191214233647j:plain

 

 

 

f:id:algai:20191214233908j:plain

 

www.alga.jp