偽美白化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウムによる老化促進の危険性や逆効果となる敏感肌・乾燥肌対策

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合美白化粧品による偽美白ケアの危険性や、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や非効率的な乾燥肌対策について、情報発信致します。

甘草(甘草根)エキス長期連用は危険というのが漢方の基本

カテゴリ1(GKⅡの副作用)

この記事は、最下部に表示されている文責者である弊社公式サイト内「グリチルリチン酸2K 平成のまとめ」記事全文のうちの、一部の記事の縮小版となります。

今回のテーマの詳細内容またはグリチルリチン酸2Kの安全性/危険性情報をご覧になりたい場合は、上のリンクをクリック下さい。。

グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K/GKⅡ)を有効成分とする甘草(甘草根)は、ご存知のように漢方薬の分野では長い歴史があります。

この事実を拡大解釈してのことか、甘草やカンゾウエキス(カンゾウ根エキス)は漢方薬で使用されてきたから安全等といった情報を、インターネット上でよく見かけます。

しかし漢方薬というものは、「証」が合わなければ強い副作用が出ることも珍しくありません。

漢方では甘草は、長期連用をしてはならないという、基本的な戒めがあります。

弊社アドバイザー医師によれば、長期に服用も外用もするべきでないということです。

以上のことから、何らかの目的でグリチルリチン酸ジカリウムが配合された薬用化粧水や美容液を用いる場合は、短期間のうちに使用を負えるのが安全ということになります。

同化粧品成分が配合された商材を、毎日使う化粧水に用いることは、おすすめできません。

 

この記事が読者様の、安全で快適なコスメライフの、お役に立てれば幸甚です。

アメブロ内の関連記事

ココログ内の関連記事

 

f:id:algai:20191214233647j:plain

 

 

 

f:id:algai:20191214233908j:plain

 

www.alga.jp