偽美白化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウムによる老化促進の危険性や逆効果となる敏感肌・乾燥肌対策

お使いの美白化粧水が「グリチルリチン酸」配合の場合は、目に入らないように、唇に塗布しないように! 粘膜の抵抗力が落ちて、コロナウィルスの感染リスクが高まります。リップクリームも要注意!

シミ対策・毛穴対策・乾燥肌対策 ファンデ直塗りがおすすめ!

カテゴリ5(その他)

この記事は、最下部に表示されている文責者である弊社公式サイト内の記事の、縮小版記事となります。詳細内容をご覧になりたい場合は、上のリンクをクリック下さい。

乾燥肌や敏感肌に陥っているのにもかかわらず、無理してダブル洗顔をされる方は少なくないようです。

毛穴がすでに大きく開いていても、どろどろするまでのテカリでいちご鼻になっても、より肌負担が大きいしっかりメイクで毛穴カバーしたりウォータープルーフのメイクの厚化粧をするなどです。

なかにはオイルクレンジング・メイク落としで瞼がカブレてしみができても、コンシーラー等のポイントメイクでさらに厚化粧でしみ対策するなど…。

厚化粧であればあるほど、クレンジングオイル等によるメイク落としの負担は大きくなります。

これはまさに負のスパイラルで、ますますお肌の砂漠化は進行して、超敏感肌に陥るでしょう。

この問題は、ファンデーション直塗りによるナチュラルメイクに切り替えることによって、簡単に解決できる可能性が高いでしょう。

使用するファンデーションは、パウダータイプのミネラルファンデーションがおススメです。

下地なしでファンデーションがお肌に馴染む、ファンデ直塗りできる出来合いの化粧水はあまり売られていませんが、手作り化粧水という方法もあります。

化粧下地クリームやプライマーを塗らなければ、ダブル洗顔は不要となり、お肌に優しい純石鹸洗顔でのメイク落としが可能となります。

(化粧下地クリームと同様の成分が配合されているリキッドファンデーションは不可。)

お肌の潤いは次第に回復して、毛穴レス肌・テカリ改善が十分期待できるでしょう。

また、メイク落とし時にあらたなシミができる危険性がなくなるだけでなく、シミが消えるしみ消し効果も!

端的に申し上げればこの方法、はすっぴん美肌・すっぴん美人になる方法です。

この記事が読者様の、快適で安全なスキンケアライフの、お役に立てれば幸甚です。

 

アメブロの関連記事

 

 

f:id:algai:20191214233647j:plain

 

 

 

f:id:algai:20191214233908j:plain

 

 

www.thalassotherapy.co.jp