偽美白化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウムによる老化促進の危険性や逆効果となる敏感肌・乾燥肌対策

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合美白化粧品による偽美白ケアの危険性や、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や非効率的な乾燥肌対策について、情報発信致します。

グリチルリチン酸ジカリウムに保湿効果はなく「むくみ効果」

カテゴリ1(偽美白効果の副作用の危険性)

この記事は、最下部に表示されている文責者である弊社公式サイト内「グリチルリチン酸2K 平成のまとめ」記事全文のうちの、一部の記事の縮小版となります。

今回のテーマの詳細内容またはグリチルリチン酸2Kの安全性/危険性情報をご覧になりたい場合は、上のリンクをクリック下さい。。

グリチルリチン酸ジカリウム( グリチルリチン酸2K / GKⅡ )を、うるおい・保湿効果のある化粧品成分で乾燥肌対策向けと、分類している美容サイト等が見受けられます。

しかし同化粧品成分には、保湿効果などはありません。

あるのは「むくみ効果」であり、お肌にとっては基本的にはマイナスの成分です。

同化粧品成分が抽出されるマメ科植物の甘草は、荒地でも育つ強い植物です。

水分の乏しい土壌から得た水分は、取り込んで離さない性質があります。

この水分を取り込んで離さないことを、「保湿効果」だと不適切な拡大解釈をしている可能性があるわけです。

この状態は単に「むくみ」です。

実際にこの化粧品成分を配合した薬用石鹸を長期連用して、むくんでセルライトができた方もいらっしゃいます。

血行が悪くなると当然ながら、お肌が老廃物で汚れてきます。

そしてこのグリチルリチン酸ジカリウムには、お肌を老化させる副作用があります。

そのあたりはどうか、ご注意下さいませ。

なお同化粧品成分のコスメへの配合目的は、①化粧品の大衆化と②偽美白効果を狙った低俗な目的の2つです。

この記事が読者様の、快適で安全なコスメライフの、お役に立てれば幸甚です。

 

アメブロダイジェスト版記事

 

 

f:id:algai:20191214233647j:plain

 

 

 

f:id:algai:20191214233908j:plain

 

 

www.alga.jp