偽美白化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウムによる老化促進の危険性や逆効果となる敏感肌・乾燥肌対策

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合美白化粧品による偽美白ケアの危険性や、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や非効率的な乾燥肌対策について、情報発信致します。

グリチルリチン酸ジカリウム(2K)に黒ずみ肌やくすみ肌の改善効果?

カテゴリ1(グリチルリチン酸による偽美白効果)

この記事は、最下部に表示されている文責者である弊社公式サイト内「グリチルリチン酸2K 平成のまとめ」記事全文のうちの、一部の記事の縮小版となります。

今回のテーマの詳細内容またはグリチルリチン酸2Kの安全性/危険性情報をご覧になりたい場合は、上のリンクをクリック下さい。

化粧水等コスメを別の商材に変えてお肌の調子が良くなることもあれば、その逆もあり得ます。。

もしお肌がくすんできたり黒ずんできた場合は、新しく使い始めた化粧品にグリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K/カンゾウエキス)やグリチルレチン酸ステアリルが配合されているかを、チェックしましょう。。

これらの甘草由来の化粧品成分が配合されている化粧水や美容液や保湿クリームを使用すると、塗布後はお肌は美白されてキレイにみえるかもしれません。

しかし白くなっている間は血流や新陳代謝が滞り、お肌がだんだんと美しさを失うでしょう。

じつはこの美白効果は偽美白効果であり、くすみ肌や黒ずみ肌の副作用があります。

またそれ以上にグリチルリチン酸ジカリウムにはステロイド様作用により、お肌を弛ませたりシワ増加などの、お肌を老化促進させる副作用があります。

でもこれらは所詮お肌が美しいかそうでないかの違い程度のことですが、このグリチルリチン酸ジカリウムはもっと恐ろしいことに作用する場合もあり得ます。

よくネット上では、抗炎症作用や抗アレルギー作用がスゴイなどと褒めちぎられていますが、裏を返せば大切な免疫作用をスイッチオフにされてしまっているのです。

雑菌に対する免疫力が落ちたり、経皮感作を促す危険性もあります。

あの大惨事を引き起こした薬用美白化粧水や薬用お茶石鹸にも、この化粧品成分が配合されていたことはご存知でしょうか。

もしこのグリチルリチン酸ジカリウムが配合されていなかったら、大惨事は起らなかったという見解もあるのです。

すなわちこの化粧品成分は、アナフィラキシーショック等の命に係わることにもあるわけです。

10年前に弊社アドバイザー医師より、化粧品へのグリチルリチン酸ジカリウム配合の危険性を知らされ、またグリチルリチン酸配合スキンケア製品による被害に遭った方の記事を書くなどして、これまで皆様に危険性情報を発信させて頂きました。

この記事は当時検索サイトで上位ランクされていて、じつに多くの読者様に読んで頂き、薬用お茶石鹸による小麦アレルギー事故を回避された方は少なくないようです。

Hatenaさんのスペースをお借りして運営させて頂いているこのブログの、まさに中心的なテーマです。

これらの情報が、皆様の安全で快適なコスメライフの、一助となれば幸いです。 

アメブロの類似記事

ココログの類似記事

 

 

f:id:algai:20191214233647j:plain

 

 

 

f:id:algai:20191214233908j:plain

 

 

www.alga.jp