偽美白化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウムによる老化促進の危険性や逆効果となる敏感肌・乾燥肌対策

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合美白化粧品による偽美白ケアの危険性や、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や非効率的な乾燥肌対策について、情報発信致します。

ローズマリー葉エキスでアレルギー/経皮感作の危険性

カテゴリ2(低刺激性を求めすぎて肌トラブル)

この記事は、最下部に表示されている文責者である、弊社公式サイト内の記事の縮小版となります。詳細情報をご覧になりたい場合は、上記リンクをクリックして下さい。

ローズマリー葉エキス(ローズマリエキス/ROE)は天然由来の防腐剤だから、それを配合した化粧水や美容液等コスメは完全無添加で安全といった根拠のない宣伝が、よくなされています。

しかし大半の植物エキスにはアレルゲンが含有されていて、アレルギー/経皮感作発症リスクがあります。 

オーガニック化粧品に関するこの危険性はアメリカでも大問題となっており、FDA(連邦食品医薬局)が全米国民に注意を促しています。

アレルギー性皮膚炎というものは、時間をおいて発症します。

おおよそですが、化粧水半分~1瓶を使い終えるころから、肌荒れが生じ始めるといった感じです。

問題がなければよろしいのですが、万一肌荒れが生じたら勇気をもって早めにご使用の中止をしましょう。

無添加化粧品やオーガニック化粧品は安全を安全だと過信するあまり、ご使用の中止が遅れる場合が少なくないようです。

中止が遅れればアレルギーの重篤化にいたり、その後の生活に大きな支障がでる場合もあるようです。。

 

この情報が、皆様の安全で快適なスキンケアライフの、一助となれば幸甚です。

アメブロの類似記事

ココログの類似記事

Blogger縮小記事

 

 

f:id:algai:20191214233647j:plain

 

 

 

f:id:algai:20191214233908j:plain

 

 

www.alga.jp