危険な偽美白ケアや逆効果となる敏感肌対策・乾燥肌対策

老化促進の副作用の危険性がある偽美白ケアや、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や効率的な乾燥肌対策について、書いてまいりたいと思います。

ダブル洗顔不要のクレンジングオイル 危険性が高いため使用方法変更へ

カテゴリ2・3(危うい敏感肌対策・乾燥肌対策)

この記事は、最下部に表示されている文責者である、弊社公式サイト内の記事の縮小版となります。詳細情報をご覧になりたい場合は、上記リンクをクリックして下さい。

ダブル洗顔不要のクレンジングオイルはかつては多くありましたが、今では数を減らしてきました。

正確には、それまでオイルクレンジング後に洗顔フォームを使用しないでタオルで拭き取ることを推奨していたメーカーや商品も、今では洗顔フォームを使用するようにと、使用方法を変更しているようです。

洗顔フォームを使用しないということは、溶剤(オイル)がお肌に残留するため、石油臭がする鉱物油脂よりも、石油臭がしないエチルヘキサン酸セチルが適しています。

当時はこのエチルヘキサン酸セチルを天然成分と誤解を与える不適切な宣伝がなされたためか、このエチルヘキサン酸セチルは安全天然成分だと信じ込まれました。

しかしエチルヘキサン酸セチルは化学合成油脂で、人類にとって不慣れなためか、皮膚が壊死して剥がれ落ちる方は少なくありませんでした。

こういった肌トラブルが多発したためか、洗顔フォーム等の合成洗剤でしっかり洗い流すような、使用方法の変更となったようです。

 

この記事が読者様の安全で快適な、コスメライフの一助になれば幸甚です。

ココログの類似記事

アメブロの類似記事

 

www.alga.jp

オイルクレンジング後にメイクの残骸を純石鹸で洗い流すことは不可能

カテゴリ2・3(危うい敏感肌対策・乾燥肌対策)

この記事は、最下部に表示されている文責者である、弊社公式サイト内の記事の縮小版となります。詳細情報をご覧になりたい場合は、上記リンクをクリックして下さい。

メイク落とし時の肌負担を少しでも軽減したいということから、オイルクレンジング後に合成洗剤洗顔フォームを使用せずに、純石鹸で洗顔して済ませようとする方は少なくないようです。

この方法でメイクの残骸混りのクレンジングオイルを洗い流すのは、残念ながら不可能です。

灯油が手についた時に、純石鹸では洗い流せないことと同様に、純石鹸には鉱物油脂や化学合成油脂を分解する力はありません。

お肌にメイクの残骸混りのクレンジングオイルが残ったままになるため、かえって肌負担が大きくなる可能性が高いでしょう。

純石鹸でメイク落としを済ませたいのであればバッチリメイクをやめて、ファンデ直塗り等のナチュラルメイクに切り替える必要があります。

この記事が読者様の安全で快適な、コスメライフの一助になれば幸甚です。

ココログの類似記事

アメブロの類似記事

 

www.alga.jp

サンゴ末等配合メイクも落ちる石鹸・メイクも落とせる石鹸の危険性

カテゴリ2・3(危うい敏感肌対策・乾燥肌対策)

この記事は、最下部に表示されている文責者である、弊社公式サイト内の記事の縮小版となります。詳細な情報をご覧になりたい場合は、上のリンクをクリックして下さい。

前回の記事に引き続き、メイクも落とせるもう一つのタイプは、スクラブ剤を配合したスクラブ石鹸などです。

メイクも落ちてくすみも取れるから、「魔法の石鹸」とも呼ばれているようです。

くすみを取るということは表皮を一皮剥くことですから、じつはこれはスクラブ石鹸なのです。

その削り落とす能力を利用して、サンゴ末(サンゴカルシウム)などのスクラブの粉末の鋭い角刃で、メイクを無理やり引っ掻いて落とすというわけです。

ところがスクラブの粉末はメイクのみを選ばず、必要な角質層まで引っ掻いて削り落としてしまいます。

このタイプの石鹸での洗顔でお顔がひりひり炎症が生じたり、洗顔後に手がゴワゴワするのは、このためです。

そして、このメイクも落とせる石鹸のイチバン怖いのは、目に入ったときです。

ただならぬ激痛をご経験をされた方は、かなりいらっしゃるようです。

痛みとは、いくつものスクラブの刃先が、角膜に突き刺さっているからです。

その状態で目をこすればどうなるかは、想像にお任せします。

スクラブ剤は一般的には、0.2~0.3㎜前後の大きさです。

角膜の厚さはわずか0.5㎜で、想像するだけで恐ろしくなります。

そういうわけで厚生労働省は2010年8月18日に、製品の本質をごまかさずにスクラブ石鹸であることを消費者に認識させた上で、目に入らないように注意喚起をするようにと、通達を発しました。

スクラブ石鹸であることを認識させる真面目で親切なメーカがほとんどなのですが、中にはスクラブ石鹸であることを消費者に隠しているメーカーもあるようです。

消費者によってはスクラブ石鹸を、子供さんに使用させている場合もあるようです。

最悪は「失明」ですので、このあたりは十分に注意が必要でしょう。

繰り返しになりますが、スクラブとは鋭利な角刃をもった粉末です。

この記事が読者様とお子様の目の安全に、お役に立てれば幸いです。


ココログの類似記事

アメブロの類似記事

Blogger縮小版記事

 

www.alga.jp

メイクがよく落ちる人気の「メイクも落とせる洗顔料」とは?

カテゴリ2・3(危うい敏感肌対策・乾燥肌対策)

この記事は、最下部に表示されている文責者である、弊社公式サイト内の記事の縮小版となります。詳細情報をご覧になりたい場合は、上記リンクをクリックして下さい。

メイクがよく落ちる「メイクも落とせる洗顔料」には、主として2つのタイプがあるようです。

ひとつめは、クレンジングオイルに近いタイプで、合成仮面活性剤がやや多量に配合されているようです。

溶剤としては無臭の化学合成油脂のエチルヘキサン酸セチルが定番のようで、これであればお肌に残っても石油臭くないというわけです。

この化学合成油脂を配合した、ダブル洗顔不要のクレンジングオイルがよくありました。

しかし肌トラブルが多発したためか、今では洗顔フォームでちゃんと洗い流すような、使用方法に変更されています。

したがいまして、基本的にはこの合成油脂は洗い流すほうが安全であるため、このタイプの洗顔料には不安は残ります。

要するに、クレンジングシートと同様の、危険性があるわけです。

2つ目については、別の記事で述べたいと思います。

この記事が読者様のお肌の健康に、お役に立てれば幸甚です。


ココログの類似記事

アメブロの類似記事

 

www.alga.jp

クレンジングシート 落ちる・落ちないより肌負担を考えるべき!

カテゴリ5(その他)

この記事は、最下部に表示されている文責者である、弊社公式サイト内の記事の縮小版となります。詳細情報をご覧になりたい場合は、上記リンクをクリックして下さい。

急なお泊りなどでクレンジングオイルや洗顔フォームをお持ちでない場合などに、コンビニショップさんでクレンジングシートを購入して間に合わせる方も多いと思います。

メイクをよく落としておかないと、お布団や枕カバーを汚してしまうので、マナーとしては大切なことでしょう。

しかしクレンジングシートを間に合わせではなく、毎日お使いの方も、なかにはいらっしゃるようです。

毎日お使いなる理由は、お肌が滑らかになってしっとり潤いというのが、理由のようです。

滑らかに感じるのが、エチルヘキサン酸セチルといったメイクを溶かす溶剤が、エモリエント剤としても機能するからです。

野球のグローブやミットに機械油のようなエモリエント剤を塗ると、柔らかく使いやすくなりますが、その理屈と同じです。

しかしエモリエント剤には、潤い効果はありません。

ぜひ確かめて頂きたいのですが、毛穴は閉じていますか?

中にはお肌が丈夫で、どんな溶剤や合成界面活性剤でも肌ダメージを受けにくい方もいらっしゃるようですが、たいていの方はお肌が乾燥して、毛穴は開きっぱなしとなってしまいます。

もし毛穴が開いていたら、そのクレンジングシートの潤い効果はゼロです。

ニキビ跡の穴は別として、潤えば毛穴は閉じます。

そもそもメイク落としでは、溶剤や合成界面活性剤を洗い流すための、大量の水が必要です。

これらの刺激物はお肌の上に残留したままでお肌が極度に乾燥しているのであれば、肌荒れを起こしても不思議はないでしょう。

ココログの類似記事

アメブロの類似記事

 

www.alga.jp

日本手拭いのメイク落とし後のツルツルは残ったメイクの被膜

カテゴリ2・3(危うい敏感肌対策・乾燥肌対策)

この記事は、最下部に表示されている文責者である、弊社公式サイト内の記事の縮小版となります。詳細情報をご覧になりたい場合は、上記リンクをクリックして下さい。

純石鹸を日本手ぬぐいで泡立てて、メイク落としをされる方は少なくないうようです。

純石鹸で落ちるメイク、すなわち純石鹸で落ちる化粧下地等を使用している、または化粧下地塗布無しでパウダータイプのミネラルファンデーション塗布している場合などは、それはとても適した方法かもしれません。

しかし純石鹸で落ちないしっかりメイクの場合は、この方法ではキレイにメイクを落とすのは不可能でしょう。

いくら日本手ぬぐいはお肌に優しいと言っても、メイクを擦る落とすわけですから、それなりの肌負担も生じるでしょう。

ツルツルになるのはメイクの被膜が残っているからで、お肌が潤っているわけではありません。

もし仮に潤っていれば毛穴は閉じますので、お確かめ頂ければと思います。

しっかりメイクをした以上は、メイクの残骸や被膜が落ちるまで、ダブル洗顔をしなければなりません。

ココログの類似記事

アメブロの類似記事

 

www.alga.jp

ダブル洗顔不要 純石鹸洗顔で落ちるナチュラルメイクは毛穴レスに!

カテゴリ2・3(危うい敏感肌対策・乾燥肌対策)

この記事は、最下部に表示されている文責者である、弊社公式サイト内の記事の縮小版となります。詳細情報をご覧になりたい場合は、上記リンクをクリックして下さい。

メイクは大別して、純石鹸では落ちないしっかりメイクと、純石鹸洗顔で落ちるナチュラルメイクがあります。

純石鹸で落ちないしっかりメイクは、肌負担が大きくならざるをえず、ダブル洗顔以外の方法でメイクを落とそうとすると、それ以上の肌トラブルが生じる危険性があります。

たとえば、無理して純石鹸で洗い流そうとしても落としきれずに、残った被膜が肌負担となるなどです。

他に、スクラブ石鹸でのメイク落としなども可能は可能でしょうが、お顔に炎症が生じる危険性が極めて高いでしょう。

なぜならメイクの膜と一緒に、必要な角質層まで一緒に削り落としてしまうからです。

スクラブ石鹸でお肌に炎症を起こすことがあるのは、そのためです。

純石鹸で落ちるメイクとは、化粧下地を塗布しない、または純石鹸で洗い流せる化粧下地を使用した場合に限られます。

当然ながら肌負担が大きい、ダブル洗顔不要となります。

ダブル洗顔が不要となれば、合成洗剤洗顔によって乾燥していたお肌に潤いが戻り、毛穴が閉じたりテカリ軽減も期待できます。

この情報が、皆様の安全で快適なスキンケアライフの、一助となれば幸いです。

ココログの類似記事

アメブロの類似記事

 

www.alga.jp